「2017年1月」の記事一覧

未成年者が相続放棄する方法は?

人が亡くなったときに借金などの負債が残されていたら、相続人は相続放棄をすることによって負債の支払いを免れること・・・

相続放棄の熟慮期間を延長してもらう方法

遺産の中に借金がある場合には、借金を相続しないために相続放棄や限定承認をする必要があります。しかし、遺産の内容・・・

他の相続人が相続放棄したかわからない場合の照会とは?

他の相続人が相続放棄したかわからない場合の照会とは? 遺産相続をするときには、法定相続人が全員集まって遺産分割・・・

相続放棄をすると、お墓や仏壇の管理は誰がするの?

親が借金だけを残して亡くなった場合などには、相続人全員が相続放棄をしてしまうことがあります。 このような場合、・・・

相続放棄しても生命保険金を受け取れるのか?

親などの親族が亡くなって自分が相続人になったとき、遺産の中に借金があって、相続したくないケースがあります。この・・・

相続放棄ができなくなる法定単純承認とは?

親や兄弟などが亡くなって自分が相続人になっている場合、遺産として借金が残されているケースがあります。このような・・・

相続放棄した後、被相続人の空き家の処分をどうするの?

自分が相続人になっているとき、残された遺産の中に借金があったり、相続したい財産がなかったりする場合には、相続放・・・

相続放棄と限定承認の違いについて

借金を相続したくない場合の対応方法としては、相続放棄と限定承認が有名です。 どちらを利用しても借金を相続する必・・・

相続放棄を利用すべきケースについて

相続放棄を利用すべきケースについて 自分が相続人になった場合の対応方法としては、単純承認と相続放棄と限定承認の・・・

借金を相続したくない場合の相続放棄と期間制限について

親や配偶者などが亡くなって遺産を相続したとき、生前にその人が借金をしているケースがありますが、このような場合、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ